さて、外科医の関して業務内容や基本的な一日の動きなどについては、大まかに分かっていただけたのではないかと思います。

今回の記事では、引き続きお給料に関する事情を少しご紹介してまいりたいと思います。

他の科目と比較すると高い相場なのか?

さて、これだけ忙しいこの診療科目、皆さんは他の科目と比較してもその相場が高いのでは?と感じているのではないかと思いますが、実際にはどうなのでしょうか。

早速答えを言ってしまえば、実は他の科目と大きな違いはありません。

基本的には内科医であろうが、外科医であろうが、医師である限りは年収が平均で1000万円ほど、月収ベースで換算するならば90万円付近が相場と言われています。

ただ、これらの数字が大きく変わる条件があります。

それは年齢、立場、勤務している病院、その方のスキル、そして経験です。

これらの要素によってのみ、給与は大きく変わってくると言えるでしょう。


報酬ばかり考えるうまくいかない

医局で後期研修を終えた方が民間の病院に移るとその年収は900万円ほどに、民間病院の院長にまで上り詰めれば、3000万円程度は目指すことができるでしょう。

基本的には大学病院よりも民間病院の方がお給料も高く設定されています。

しかし、単純にお金のことばかりを考えているとうまくいかなくなるのが外科医の難しい所で、若い内から10年以上しっかりと頑張ることで、初めて技術が身に付くと思ってもいいでしょう。

そのため、自己研鑽を主に考えるのであれば、やはり医局の方が有利と言えます。